公開履歴
手にあるウィルス

クラミジアは近年増加傾向にある性感染症の一つです。
クラミジアトラコマチスという細菌が性交渉により感染し、症状が出ます。

感染する場所は男性ならば尿道、女性は膣内ですが、目や喉に感染することもあります。
性交渉とは関係がないようですが、目や喉に感染するのはディープキスやオーラルセックスをした時です。

クラミジアは自覚症状がないのが特徴です。
感染した場合体内で増殖していきますが、熱が出たり、吐き気がしたりといった症状は出てきません。
男性の場合は排尿がしにくい、透明な膿が出ることがあり、おかしいと気が付きますが、女性の場合はおりものがいつもと違う、不正出血があるといった症状のため、生理不順と勘違いしてしまうことが多いです。
女性はそのまま放置してしまうと、どんどん感染範囲が広がっていき、不妊症や子宮内膜症といった原因になってしまいます。
男性も副睾丸炎や無精子症となり、妊娠しにくくなるので注意が必要です。
なお、妊娠中に感染した場合は流産や早産、子宮外妊娠、母子感染をする可能性があります。

クラミジアは感染力が強く、感染した人と性行為を行うと50パーセント以上の確率で感染します。
不特定多数の異性と性交渉を行った場合その危険性は増します。
知らないうちに他の人に感染させていることが多く、不妊気味になって初めてわかることもあります。
また、クラミジアは自然治癒はしません。
不安に感じる点がある場合はクラミジア検査を行うようにします。

クラミジア検査は病院だけでなく、検査キットを使って郵送にて検査を行うことができます。
検査結果は1週間ほどで郵送かオンラインにてわかるようになっており、感染の有無を知ることができます。
また、通販サイトでアジーなどのクラミジア治療薬を購入することもできるので、クラミジアの薬アジーを購入しておくことで早期に対応することができるのでおすすめです。

アーカイブ
人気記事一覧