• ホーム
  • クラミジアと検査と不妊症

クラミジアと検査と不妊症

薬を飲んでいる女性

現在の日本ではクラミジアの感染者数は非常に多くなっています。
うつる可能性も50%以上と高確率なうえに、症状も出にくく自覚していない人も少なくはありません。
男性と比べて女性の感染数の方が比較的多くなっていますが、女性はクラミジアの症状がとくに出にくいというのも特徴です。
自覚していないということは、治療を受けることなく放置しているという状態なので、性病はどんどん悪化してしまいます。

なかには自然治療してしまうケースもあります。
精液が一度入ると出にくいなど、女性の体というのはクラミジアに感染しやすいようになっています。
女性の場合クラミジアが放置され悪化してしまうと、不妊症になってしまう可能性もあります。
不妊患者の約20%はクラミジアに感染していると言われるほど、クラミジアと不妊症には深い関わりがあるということです。

クラミジアは女性の性器から体の内側へと侵入していき、少しずつ症状を進行させていきます。
卵管まで達してしまうと卵管炎を起こしてしまいます。
そうなってしまうと卵管の閉塞や癒着を発症してしまいます。
クラミジアは感染を繰り返すことで不妊症になる可能性も高くなります。
一度の感染で不妊症になってしまうことはそれほどありませんが、早期発見は非常に大切だと言えるでしょう。
自覚症状の出にくい病気だからこそ、きちんとクラミジア検査を定期的に受けておくことが大切です。

妊娠を望んでいるのであれば、一度は検査して置くと安心感も得られます。
万が一クラミジアに感染しつつ妊娠出来たとしても、流産のリスクや胎児への影響もあるので、気をつけておかなければいけません。
知らない内に他の人へとうつしてしまうことも多々あるので、そうなってしまわないためにも検査は必要と言えるでしょう。

アーカイブ
人気記事一覧
  • 薬を飲んでいる女性
    クラミジアと検査と不妊症 2019年03月25日 閲覧数:5
最近の投稿