クラミジアの検査とは

心配している女性

クラミジアは性交渉を一度でも行った場合、感染する危険性がある性感染症です。
感染した人と性交渉を行った場合、約半数の人が感染してしまいます。
無自覚なことが多く、知らない間にパートナーに感染させてしまっていることもあります。

クラミジアは女性の場合おりものの変化や不正出血によって気が付くことがあります。
黄色い膿のようなものが出たり、おりものが増加したり、性交痛があったりもします。
生理痛のような痛みもあるので、生理不順とも間違われやすいです。

男性は尿道に症状が現れます。
かゆみや不快感、微熱、膀胱の違和感、睾丸の腫れや痛みといったことの他、尿道から膿が出てきます。
量はさほど多くないため、気が付かないこともあります。

この他喉や目に感染することもあります。
クラミジアはほっておくと不妊症になってしまう可能性があります。
女性の場合は卵管炎や子宮内膜症、男性の場合は副睾丸炎を引き起こします。
また妊娠している女性が感染してしまうと、尿道から感染してしまい産まれた赤ちゃんが、肺炎や結膜炎になってしまうこともあります。
こういったことを防ぐためにクラミジアの検査は必要になってきます。

クラミジア検査は検査キットを使用する方法と、病院を受診する方法とがあります。
どちらも女性は子宮頸管から分泌液を取り、男性は尿検査を行います。
尿や分泌液の中にクラミジアの原因となるクラミジアトラコマティスがあるかどうかで、判断されます。
なお、咽喉クラミジアの場合は喉の周辺の粘膜や唾液を採取して調べます。
病院では感染が確認されるとすぐに治療を開始することができますが、待ち時間が長かったり他の人に知られたりする危険性もあります。
結果がわかるのに1週間程度かかりますが、自宅でクラミジア検査を行った方が時間が拘束されず、他の人に知られることもありません。

人気記事一覧